花と風の薫り

ピラカンサの実と木瓜の実

昨日は貴重な一日。
洗濯物は陽の光を浴びて
久し振りに良い匂いだったし、
植物も生き生きと輝いていた。

ピラカンサの赤い実。
秋明菊とかピラカンサとか
この季節にぴったり。


e0196640_18100831.jpg

e0196640_18102118.jpg


いい色合いになった木瓜の実。
収穫して蜂蜜づけにしてみた。

e0196640_18112726.jpg



[PR]
# by hanatokazenokaori | 2017-10-19 18:34 | その他

年輪

e0196640_10453922.jpg

e0196640_10455310.jpg

e0196640_10461314.jpg

先日切った栴檀の年輪。
久し振りに陽が注いだ昨日、
記念に撮っておくことにした。

10年くらい前に
鳥が運んでくれた栴檀の樹。
もう少しすると
この年輪(高さ1m)も無くなる。

毎年、11月の終わりには葉を落とし、
新芽が出るのは5月に入ってからだった。
サワサワと揺れる綺麗な葉、
虫がつかない樹であることも
魅力のひとつだった。

日当たりが良すぎるうちの庭で、
夏の暑さを随分と和らげてくれた。

外構工事の最終打ち合わせの前日、
土留めの役割をしている
大谷石上のブロックが
心持ち膨らんでいることが気になって
以前に大谷石を直してもらった
石屋さんに連絡すると
この樹を切った方がよいと言われた。

植木屋さんに切って貰ったのは先週のこと。

今年は一段と幹が太くなり、
それに追いつかないのか、
木の皮がひび割れてきていた。

異常に生育が良い樹だった。
環境に合っていたのかもしれない。

その年の生育具合が判る年輪は、
よく見ると南側の幅が広くなっている。
太陽のパワー。

e0196640_10462950.jpg

木萩の向こうに見える栴檀の年輪。
これが無くなると思うと、
寂しい限り・・

木が持っている温もり。
あたたかさが伝わってきます。


[PR]
# by hanatokazenokaori | 2017-10-19 11:07 |

秋明菊

久し振りの晴れ。
束の間の陽射し。

雨に打たれ続けていた秋明菊、
今日は輝いていた。

e0196640_16344719.jpg


e0196640_16350843.jpg


e0196640_16353032.jpg


e0196640_16360708.jpg


e0196640_16362970.jpg



[PR]
# by hanatokazenokaori | 2017-10-18 16:43 | 庭の花

秋の花、秋明菊

e0196640_12462368.jpg

庭の秋明菊。

今迄9月にアップしていたように思うけど、
今年は一輪目が咲いた瞬間を覚えていない。
近しい人が病気になって、心の余裕を失っていた。

花が咲いたとか、実が生ったとか、
些細な変化を見つけることが出来るのは、
安穏とした生活だからなのだ・・

「幸せはゆっくり、不幸は突然襲ってくる。」

けれど・・
どん底の時は、
よい方へ向かっているスタートだと信じて。。


[PR]
# by hanatokazenokaori | 2017-10-01 13:04 | 庭の花

スーパーよさこい 2017

原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい 2017
8月27日、表参道アヴェニューの流し踊り

e0196640_10521238.jpg

e0196640_10522734.jpg

e0196640_10522098.jpg
一緒に見る筈だった友達が
急遽行かれなくなり、
迷った結果、私一人で行くことに。

慌ただしく家を出て、
電車のドアが閉まった途端
お財布を家に置いてきたことに気づく。
Suicaがあれば行って帰ることは出来ても
どう考えてもお金なしでは不安、無理。
戻るしかない。
次の駅で降りて、家に戻る。

クーラーをつけたままの部屋は涼しく、
直ぐに汗がひいてゆく。
冷たいお茶を飲みながら、一瞬
「やめようか・・」と思う。
でも、そんな気持ちを振り払い、
家を出た。

結果、ほにやの踊りは見れたし、
ISLAND VINTAGE COFFEEの
アサイボールは相変わらず美味しかったし、
年に1度の「よさこい」はかかせない。
行ってよかった。

e0196640_11190782.jpg

e0196640_11192066.jpg

風に揺れるケヤキの葉、
うちの栴檀と似ていた。




[PR]
# by hanatokazenokaori | 2017-08-31 12:05 | おでかけ